仕事の悩み

グランドスタッフは肌荒れも大変だったという話

グランドスタッフで働いている以上、肌荒れで悩むのはごくごく自然なことですよね。空港の顔ともいわれるグランドスタッフは過酷な業務を笑顔でこなしつつ、お客様に安心を与えられるようなメイクや身だしなみを徹底しているのです。

そのため会社の規定に沿った細かなメイクの仕方を習得し、毎日厚めのメイクを余儀なくされています。綺麗な自分でいられるのは嬉しいことですが、メイクを落とした瞬間の素肌の荒れといったら…何度も絶望したことがあります。

新卒で某航空会社のグランドスタッフとして関西国際空港にて勤務していましたが、現在は小売業界の販売員に転職しています。

この肌荒れをどう隠そうか…隠そうとしてまた化粧が濃くなってしまい治りも遅くなってしまいますよね。今回は私がグランドスタッフとして働いている間に体験した肌荒れの原因をお伝えします。

さらに肌荒れに対して前向きな気持ちになれるような具体的な対策も紹介します。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし今の仕事に不満があるなら、ミイダスを使い転職できるかを確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業で新卒で転職した先輩の転職先も調べることができます。

(診断時間は約5分です)

グランドスタッフが肌荒れになる理由

勤務中は化粧をばっちりしなければいけないため

グランドスタッフは航空会社の顔ともいえる存在。そのため入社してまもなくの研修でメイクの練習をします。眉毛の書き方や長さ、アイシャドウの色、口紅の色、チークの塗り方など細かい規定があります。

その規定は航空会社によってですが、日本の航空会社だとアイシャドウはピンク、海外の航空会社だと紫やブラウンなど国や接客するお客様に合わせたメイクが必要になります。

私は大学時代、ある程度メイクはしていましたが、グランドスタッフとして入社してから「こんなにも厚くメイクするんだ」と驚かされました。

メイク研修の時も手鏡を置き講師の先生に見られながら練習しますが、「もっと塗って!もっと発色よくして!眉毛はもっと濃く、長く!」と言われながらメイクをし、寮に帰ってから自分の顔を見るとまるで別人だなと思ったことを鮮明に覚えています。

このようなメイクの研修は数日間にわたっておこなわれ、その後も出社時にメイクや身だしなみの相互チェックが行われるため気が抜けません。

1日に何度も化粧直しをするため

グランドスタッフの業務は体力勝負です。ご搭乗がまだのお客様を空港中探して走り回ったり、お客様が忘れ物をしたと言えば代理で取りに走ったり…。

他にもお客様のご到着手荷物がまた別の誰かの勘違いで持っていかれたりする「クロスピックアップ」が発生すると、空港中走り回ってそのあと最寄りの駅に行き捜索します。

このようにグランドスタッフは常にお客様のために駆けずり回るいわば「何でも屋さん」なのです。これだけ走り回ると汗もかくしメイクも崩れます。しっかり固めてきた髪だって乱れますよね。

身だしなみが崩れた状態でお客様の前には立てないので、私はメイク崩れがばれないように1日に最低4~5回はメイクを直していました。ファンデーションやチークは上から重ねれば重ねるほど肌荒れの原因になりますよね。

お肌の大敵 勤務形態が不規則

グランドスタッフは勤務が不規則なのが当たり前ですよね。基本的には4勤2休です。しかし早番→早番→遅番→遅番のシフトなので生活が乱れまくりです。早番の日は朝の3時に起きて4時半に出社します。

反対に遅番の日には夕方17時に出社し深夜2時に業務が終わるため寮に帰ってくると夜中の3時です。そこからお風呂に入って寝る支度をするともうあっという間に4時を過ぎてしまいます。

勤務形態がバラバラなのが大きな肌荒れの要因ですが、加えて残業も発生します。遅番の時に残業をすると朝までコースになり、帰宅すると疲れて化粧も落とさず寝落ちしてしまうことも多々ありました。そのあとのお肌のコンディションは非常に悪かったです。

私が実践していた肌荒れ対策をご紹介!

基礎化粧品を充実させよう

メイクをしっかりしたということはその分しっかり落とす必要があります。私は基礎化粧品を薬局やスーパーで売っているものではなく、サロンで販売している少し高級なものを使用していました。

サロンでは自分にあった美容液や乳液をアドバイザーから勧められて、それを継続して使用していたのです。特に重要なのがクレンジングです。メイクをすべて落としきることが大切なので、クレンジングは特に入念にしていました。

さらに洗顔は泡のものを使用し、これは退職した今でも使っています。自分で泡立てるタイプの洗顔もありますが、ズボラな私は3日坊主になってしまったので初めから泡で出るタイプの洗顔を使い毎日怠らないようにしていたのです。

寝る前の化粧水や保湿も忘れずにして、しっかりお肌に潤いを与えて、素肌からきれいになろうと努力したことを覚えています。

疲れてめんどくさくなるときもありましたが、そういうときは「クレンジングと洗顔だけはやろう!」と最低限必要なことだけでもできるといいと思います。いい素肌を保つには毎日のお手入れの時間をつくることです。

良い素肌が手に入ればおのずと化粧のノリもよくなってくるので、ぜひ継続してみてください。

ファンデーションはリキッドで

ファンデーションはリキッドがおすすめです。粉タイプのものが主流だとは思いますが、何度も化粧直しをしたときにムラができてしまい、お肌に良くないからです。

出勤前にしっかりとリキッドファンデーションを塗り、できるだけお肌の化粧直しは少なくした方がいいでしょう。最近のリキッドファンデーションは高性能で化粧崩れ防止のものも多いです。

自分にあったファンデーションを見つけてできるだけメイクの重ね塗りを控える努力をすれば、肌荒れも防げると思います。

化粧を直すときは、パウダーファンデーションがおすすめです。しつこくなくて、ほんわかした素肌感を演出できますし、お肌への負担もさほど大きくありません。

最後にグランドスタッフで肌荒れで悩むあなたへ

休日はメイク薄目に

グランドスタッフは勤務中常にお客様から「見られている」意識をもち、業務しています。そのためのメイクであり、身だしなみです。ただ休日は自分だけの時間です。

あなたが普段したいと思っているメイクにしたり、お肌の休養日としてノーメイクで過ごしたり…。疲れをとる時間として休日を有意義に活用しましょう。私は「休日くらいメイクは薄めにする!」と決めていました。

そうすることで仕事とプライベートの区別がつきやすくなり、切り替えができました。気持ちの切り替えもかねて、化粧を変えることは非常に有効だと感じます。

エステに通うのもアリ

お肌の悩みが続いたら、エステに通ってみるのもいいかもしれませんね。私は学生時代エステに通っていましたが、効果は絶大です。エステに通って自分へのご褒美をしつつ、素敵なお肌をゲットする未来への投資にもなるからです。

さらにエステに通えば日頃のお肌のお手入れも入念にやろうと思えるはずです。グランドスタッフは休日疲れて1日中寝ていたなんてことも多々ですが、エステという外出する予定をいれておくことで、よりよい休日を過ごせるのではないでしょうか?

肌荒れの悩みも解消できて一石二鳥です。

まとめ

グランドスタッフはメイクに規定があり厚化粧、勤務も不規則なシフト、残業もある…など肌荒れの原因になることばかりです。しかし、原因があるからこそ、解決策もあります。お肌のお手入れを重点的に行うことや、休日はお肌を休養させるなど今日からすぐに取り掛かれることはたくさんあるはずです。

なにより、肌荒れはストレス。お肌が荒れてしまったことに対して悲観的になり無理に隠そうとしたり、家に閉じこもっていては余計にストレスは増し肌荒れも解消しません。

「お肌が荒れることはグランドスタッフであれば当たり前」くらい大きな心構えをして、「じゃあどうすればいい?」を考えて前向きに自分のお肌と向き合いましょう。

肌荒れの悩みは自分次第で解消できますよ。

新卒で某航空会社のグランドスタッフとして関西国際空港にて勤務していていた私ですが、今は小売業界の販売員に転職しています。転職した経緯などは以下の記事に書いています。

新卒でグランドスタッフを辞めたい…私は新人いじめが辛すぎて辞めました夢だったグランドスタッフ。幼いころから空港が好きで、空港で働くきれいなお姉さんに憧れて、厳しい選考をくぐり抜けてやっと手に入れた職業。 ...
まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし今の仕事に不満があるなら、ミイダスを使い転職できるかを確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業で新卒で転職した先輩の転職先も調べることができます。

(診断時間は約5分です)

新卒1年目の転職体験談を検索で絞り込み

※職業名を入れて検索してください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。