○○職を辞めたい

新卒で管理栄養士を辞めたい…自殺の準備⇒我に返る⇒辞める決意

新卒で管理栄養士を辞めたい

あなたは、栄養士・管理栄養士として働いていくことに不安や不満を持っていることと思います。

「せっかく専門の学校に入って資格を取ったのに、こんなにすぐ辞めたいと思うなんて甘えてるんじゃ?」「こんな仕事をさせられるなんて聞いてない。こんなの栄養士の仕事じゃない」

分かります。とても、よく。私自身、食事に関わる仕事がしたくてこの業界に入ったクチでした。

管理栄養士は大変だけどやりがいのある仕事、どんなに辛くてもお客様の「ありがとう」で全て報われる。

なんて教授や先輩の言葉を真に受けてしまっていたんですね。大学卒業後、私は小さな仕出し弁当の会社に就職し、そこで一年間栄養士、調理師、事務員として多様な仕事や出来事を経験してきました。

今回は、私が管理栄養士として仕事を始め、そして管理栄養士として働くことを諦めたその流れを書いていこうと思います。

明日から、いえ、もしかしたら今日、この後からの貴方の苦しみが少しでも緩和されますように。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし今の仕事に不満があるなら、ミイダスを使い転職できるかを確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業で新卒で転職した先輩の転職先も調べることができます。

(診断時間は約5分です)

新卒で管理栄養士を辞めたくなった理由

「調理経験ある?あるよね。じゃあできるね」~その質問は質問じゃない~

栄養士・管理栄養士になった新卒が真っ先にぶち当たる問題、業務の無茶ぶりです。私自身、入社2日目からメイン調理の担当にほぼ強制的に当てられてしまいました。

確かに授業で調理実習はしていました。けれど、それは入社すぐに調理場に放り込まれてお客様に提供する食事を作っても大丈夫だということにはなりません。

初めての仕事でどう動けばいいのか、自分に何ができて何ができないのかも分かっていない新人に、さも「出来て当然だよね?」「どうしてこんなことも分かってないの?」と無駄な圧力をかけても、遠からず大きな失敗が起こるだけです。

それを分かっていない、もしくは知らないふりをしている上司に当たってしまうと、ただいたずらに失敗体験だけが積み重ねられ、「自分は駄目な奴なんだ」と思い込んでしまう結果になります。

消えた先輩~残された書置き「インドへ行きます」~

社員教育や福利厚生、労働環境が十分に整備されていない職場では、休日出勤・サービス残業が横行するものです。

最初のうちは、「自分さえ我慢すれば職場が回るのだから」と過酷な環境に耐えていたとしても、そんな我慢は長くは続きません。

何かの拍子にふっつりと堪忍袋の尾が切れてしまい、最悪その日から失踪、バックレてしまうなんてことも。私の先輩がそうでした。

ある日突然出勤することなく無断欠勤し、上司が部屋の鍵を開けると(なぜか先輩は会社に自宅アパートの鍵を預けていました)、すっかり片付いた部屋の真ん中に、「インドへ行きます」とだけ書かれた紙切れと退職届が落ちていました。

当時、身も心も疲弊していた私は、ただただ「羨ましい」「逃げられていいな」と、そんなことしか考えることができませんでした。

倍増の仕事、変わらぬ給料、聞こえる幻聴~たまにフルバンドでやってくる~

今まで二人三脚で頑張っていた先輩がインドに逃げたので、自動的に彼の仕事が全て私にのしかかってくることになりました。新卒の社員に、です。

今なら「いや無理だろ」とはっきり首をふることもできようものですが、何せ新入社員。新入社員というものは、かけられた期待には応えねばならないと死ぬほど張り切って頑張ってしまう生き物です。

が、今までやっていた早朝4時からはじまる調理業務、在庫の確認に加え、大の男がインドへ逃げたレベルの業務、すなわち、献立の作成、発注、事務仕事、原価管理からの利益割り出しなどの無数の仕事が一気にふりかかってきたのです。

そんなこんなで、3か月経つ頃には常時耳の奥でハードコア、ヘヴィメタル系の超絶技巧のギターソロが鳴り響くようになりました。ギュイイイイイイン。

「死んだら楽になるのでは?」そう思うのはいつだって唐突

疲労からくる視野狭窄が原因か本来の性質が出てきたのか、仕事でのミスが増え、人の説明が1度で理解できなくなってきて、私に対する叱責や陰口が多くなってきたころ、ちょっとした事故がありました。

冷凍庫内で在庫の確認中、鋏で自分の親指の肉を削いでしまったのです。

誰もいない広い冷凍庫の中でぽたぽたと垂れる自分の血を眺め、じんじんと痛む親指を強く握りしめながら、唐突に「あ、もう無理だ。死のう」とそう思いました。

ちょうど、27連勤を終えようとしていた時でした。

死ぬよりさ 辞めたらいいやん 人間だもの

その日のことは今でもよく覚えています。いつものように返事のこない「お疲れ様です」を事務所に向かって言い、自転車でボロアパートに帰ります。

今日の夕ご飯はカレーにしよう、なんて考えながら、いつものように狭いキッチンで夕食を作り、食べ、風呂に入って髪の毛を乾かした後、自殺の為の準備を整えました。

管理栄養士なので、一般の人よりも何をどうしたら人は死んでしまうのかを知っていたんですね。

いざ死のうとした時、大音量でスマホが鳴りました。当時の恋人からの電話でした。

「今週さ、地元に帰ってこれる?お前が好きだって言ってた○○、作るから帰って来なよ」

地元に帰るも何もこれから死ぬのですが、気付いたら頷いていました。暫く話をして通話を切り、ふとすっかり自殺の準備が整った部屋を見て思いました。

「え。あれ?なんで私死のうとしてんの!?」と。

新卒1年で辞めてアルバイト⇒委託給食会社へと転職した理由

  1. 死ぬよりましだと思い新卒一年で退職
  2. 学生時代お世話になったアルバイト先の上司に連絡、フリーターとして復帰
  3. 栄養士としての仕事を諦めきれず、給食委託会社の面接を受け、合格

この流れで、現在の委託休職会社の管理栄養士としては今は働いています。

自殺の準備がすっかり整った荒れ果てた部屋を見て、「あ、これは本当に駄目だ」と我に帰りました。今回は偶然恋人に止めてもらえたけどこのままでは本当に近いうちに死ぬ、と冷静に受け止めて早々に辞める決意を固めました。

流石にニートは外聞的にも良くないけれど、正社員(当然のように正社員は20連勤くらいはやらされるものだと思っていました)をやるほどの気力もなかったため●月いっぱいで今の職場を退職する旨を伝え、再度、学生時代のアルバイト先に雇ってもらう交渉をしました。

ですが、一度は諦めた管理栄養士の仕事でしたが、せっかく資格を持っているのに使わないのはもったいないという気持ちから、その後、各種転職サイトに登録して、大きめの給食委託会社に応募して内定をいただきました。

新卒で管理栄養士を辞めてOKな人、NGな人

辞めてはいけない人

  • 次の職場が決まっていない人
  • これからも栄養士・管理栄養士として働きたいと考えている入社半年未満の人
  • コネで入社してしまった人

3項目とも、よほど追い詰められて明日にでも首吊りか飛び込みかをしてしまいかねない人は例外です。生きていればオールオッケーの気持ちで退職届を提出しましょう。

生きていく為には、どうしてもお金が必要です。入社1年目ともなれば、まだまだ貯蓄も溜まっていない時期です。

休みの日に(ベッドの中ででもかまいません)転職活動を行い、正社員、フリーター、契約社員、派遣社員なんでも大丈夫です。とにかく次の仕事を探して最低限の収入を得られるようにましょう。

転職が当たり前になりつつある現代ですが、やはり退職時期はどの企業も見る重要項目の一つです。

大抵の企業であれば、早期退職の理由さえはっきり(パワハラモラハラ法令無視した残業時間)していれば納得してもらえるものですが、こと給食委託業界では待遇はどこも似たり寄ったりのどんぐりの背比べ状態です。

「よそで駄目だったらうちでも駄目なのでは……?」と警戒され、内定を貰いにくい状態になってしまう可能性があります。最低一年、なんとか堪えて待ちましょう。

コネで入社してしまった場合、単純に自分と就職先の問題ではなく、自分と、自分を紹介した誰か、紹介された誰か、そして就職先の問題と、コトが大きくなります。

人間関係の一部崩壊か、自由の身か、しっかり考えて行動しましょう。

辞めていい人

  • パワハラ・モラハラその他を日常的に受けている人
  • 眠るのが怖い
  • 出勤時に泣き、休憩時間に泣いている、もしくはいつの間にか涙が出ている人
  • 退職後の明確なビジョンのある人

おそらくどの現場に行っても人間性の崩壊したモラハラ大好き人間は最低1人はいるので、上記3つに当てはまってしまった人は仕事を辞めて、新しい環境に行った方が良いでしょう。

いいですか。勝手に涙が出たり、「自分は何もできないゴミだ」「明日が来るのが怖い」と考えている時点で、貴方は相当に追い詰められています。

キャリアアップを目指して転職を考えている人は、自分が将来的にどのようなポストに就きたいのか、どんな仕事をしたいのかを考えて、明確にしてから辞めると良いでしょう。

ただぼんやりと「委託給食会社で働くより病院で働いた方が稼げるのでは?」程度で転職するよりも、モチベーションも上がり、面接での説得力も格段に増すはずです。

管理栄養士からのおすすめ転職先

大きめのIT企業系の事務

「IT企業というからには、プログラミングができないと役に経てないのでは……?」と思いがちですが、秘書や書記など、プログラミングが一切できなくてもできる仕事はいくらでもあります。

最近では残業の削減に取り組んでいる会社も多くあり、安定した余裕のある生活を送ることができるようになります。

管理栄養士の資格を持っているということは、ある程度Excel、PowerPoint、WordなどのMicrosoft関連のアプリを使えるということだと思います。

Microsoft関連のアプリを使えるということで、優遇してくれる会社もあります。仕事の合間にマクロや関数の勉強もできますし、別の職種でも抵抗がない場合はおすすめの業種です。

アスリートのサポーター

運動栄養学などを修めている場合、栄養価計算や献立作成の経験を生かしてジムでアスリートやダイエッターの食事を管理する仕事もあります。

基本的にはジムトレーナーの下に就くという形になると思いますが、極めていけば独立したり多くのクライアントを持てるようになります。

自分のアドバイスでクライアントの筋肉量の増え方に変化があった時などは、得も言われぬ快感が貴方を襲うでしょう。

保険の営業

病院や学校でクライアントのカウンセリングを行っていた方は、健康問題に関する話題が豊富な分、保険の営業に適性のある方が多いようです。

ガンや生活習慣病になってしまった時のリスクや治療法などを実際の経験や知識を使って、営業に生かしていくことができるのですね。

管理栄養士として学んできたカウンセリングや臨床の知識があれば、顧客の不安や疑問に真摯に向き合える営業マンになれること請け合いです。

新卒で管理栄養士から転職するときのポイント

自分のことを一番大切にしましょう

転職するとなると、それまで好き勝手に貴方を罵倒し、陰口を叩き、笑ってきた人々が「仕事ができなければ根性もないのか」「どうして辞めるの?」「ここで辞めたってどこでも同じだぞ」と様々に脅しをかけてきます。

気にしたらいけません。辞め癖がつくなら10代の前半部分でとっくについています。気にすることはありません。

何より、根性があったから、平気なふりができてしまったから、貴方は追い詰められてしまったのです。

また、会社の上役達がよってたかって「別の事業所に異動したらどうだ?」「ここまで頑張ったのにもったいないよ」「もっと良い待遇にしてあげる」「せめて〇月まで働いてもらえないかな?」

など、下手に出ているふりであなたを少しでも長く会社に引き留めようとします。

ですが、聴いたらいけません。別の事業所に異動して、よしんば今の場所よりもましだったとしても、この業界には当たり前のように転勤があります。

同じことの繰り返しです。言う通りに●月まで働いたとしても、「やっぱり人員が確保できなかったからあと2か月お願いしたい」と言われていつまでも辞められないのがオチです。

転職サイトは複数登録しましょう

転職サイトには「非公開求人」なるものがあり、より待遇の良い求人がこっそりと埋まっている可能性があります。

複数の転職サイトに登録して、自分の持っているスキルに合っている転職先を探しましょう。

よく、新卒の方が「正社員じゃないと駄目」というどこから仕入れたのかよく分からない常識に囚われて苦しんでいるのを各種SNSで見かけますが、そんなこと一切ありません。

世の中結局資本主義で動いているので、ある程度の金さえ稼いでいればもうそれでスーパー花丸人生です。

馬鹿にされるから友人に経歴を知られたくない……?

あなたの苦しみも悲しみも知らずに、ただ仕事を辞めたという事実だけで笑ってくるタイプの人類が友人なんですか……?

最悪、管理栄養士免許があれば書類は通ります

たった1年で辞めてしまって、どこが雇ってくれるというの、と不安に思われるかもしれませんが、国家試験合格者という肩書は貴方が思っている以上に強大なものです。

分かりやすく言いますと、国家資格を持っていない人の戦闘力が2万くらいだとすると、国家資格を持っている貴方の戦闘力は53万あります。

貴方は堂々と「我、現役国家資格合格者ぞ?あの国家試験受験カリキュラムをこなせるだけの根性を持つ逸材なのだか?」くらいの気概で生きていけばいいのです。

国家資格にプラスしてある程度喋れる能力があるだけで一気に戦闘力は超サイヤ人くらいには跳ね上がります。

まとめ

前述しましたように、貴方は心が擦り切れてボロボロになるまでほぼ孤立無援の中戦えるだけの力があります。自分のこれからのキャリアを冷静に考えられるだけの判断力があります。

どれだけ人権を軽んじられても、「ゴミだ」「クズだ」「死んでくれた方がよほどマシだ」などの言葉を浴びせかけられたとしても、それだけは変わりません。

生きてさえいれば、ほんの少し別の方向を向けば、きっと貴方が楽に呼吸することのできる場所が必ずあります。

負けたって良いんです。逃げたって死ぬわけではありません。ただ少し道を間違えて、遠回りをしただけのことです。

ここまで呼んでくれた貴方が、自分の人生を楽しむことができるようになることを、心から祈っています。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし今の仕事に不満があるなら、ミイダスを使い転職できるかを確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業で新卒で転職した先輩の転職先も調べることができます。

(診断時間は約5分です)

新卒1年目の転職体験談を検索で絞り込み

※職業名を入れて検索してください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。